<< ホール練習レポート/本番前最後の更新 | main |

15回定期演奏会/指揮者インタビュー

ご来場頂き誠にありがとうございました。

どうもrokuyuriです。2年ぶりとなりましたが楽しんで頂けましたでしょうか。
アンケートやツイッターを見る限り少しは自信を持ってもいいのかな?と思っています。ちなみに団員はめちゃめちゃに楽しんでいました。

前置きはさておき、今回は指揮者インタビューになります。今回の演奏会は指揮者が2人おりまして、せっかくの機会なので話を聞いてきました。ではまずは、“みー♪”さんからどうぞ。

―――演奏会お疲れ様でした。
お疲れ様でした。昨年の演奏会は台風で中止のため2年ぶりの演奏会でしたが、例年以上のご来場があり、本当にありがたい限りです。
久々の演奏会で不安もありましたが、そのぶん気合の乗った演奏をお届けできたんじゃないかと思います。 演奏中の指揮者からお客さんは見えませんが、ステージと客席で「楽しい!」って空気が共有できていたような気はしていて、生演奏の良さを改めて感じました。

―――コロナ禍の中での演奏会開催となりました。
練習のために集まることもできなかったので実は途中まで諦め気味でした。ですが世界中のオーケストラなどが地道に検証を積み上げてくださり、「どうにかなるかも?」と思い始めたのが6月末ぐらいでしょうか。 クラシック音楽公演のガイドライン(※1)や都響の工程表(※2)は大いに参考になりました。私達のようなアマチュア団体ではこういう検証はできないので、頭が下がります。

距離確保のため広い練習会場を借り、マスク着用で指揮をして、飲み会は自粛し……他にも色々やりました。演奏会当日の配置も例年より距離をとっています。本番中は喋らないのでマスクを外しましたが、楽器紹介のときだけは声を出すのでマスクをつけました。ロビーでの団員所有グッズの展示ができなかったのは少し残念でしたね。

―――MUSICUS!組曲の編曲も担当されましたね。30分超の大作でした。
音楽を題材にした作品の曲を演奏するのは割と鬼門というか、期待が大きい分ハードルが高くてやり辛いところがあるんですが、今回は真正面から全力で挑戦させてもらいました。

これは団員にも言ってなかった話なんですが、初めの頃は「ぐらぐら」で始まって「no title」をクライマックスに持ってくる、なんというか現実の厳しさを叩きこむような構成を漠然と考えてたんです。音楽は楽しいばかりじゃねーぞ、みたいな。そんな曲を好き好んで演奏する自己矛盾がロックっぽいんじゃないかと思って。

でもコロナ禍で音楽イベントが軒並み中止になって、自分達の演奏会も開催できるかわからなくなって。それで、もし色々な問題を乗り越えることができて「ようやく演奏会ができるようになりました」ってときに演奏する内容がそれで良いのかって考えたら、そんな斜に構えた説教臭い曲は聴きたくないなって思ってその構想は全ボツにしました。

そうしてゼロから作り直したのが今の組曲です。結果的にはこれが正解だったなと確信しています。「何のために音楽をやるのか」って命題に今の自分なりの回答を示せたかなと。

―――良い話っぽく語ってますけど、それ演奏会まで半年切ってた時期ですよね? それで楽譜出来るの遅かったんです? かなり苦労したんですけど?
…………。
どうでしょう? 音楽の感動と同じように、このエピソードも全部まやかしかも知れませんね?

以上、みー♪さん、ありがとうございました。次は“案山子”さんです。

―――演奏会お疲れ様でした。細かいところはみー♪さんがほとんど話してくれましたので、すいませんが感想だけお願いします。
オケの指揮者として演奏会に望むのは今回が初でしたが、そんな記念すべき経験をサマポケのメドレーで実現できたのは、もともと鍵っ子だった自分としては大変嬉しいものでした。
いざ振り返ってみると「いろいろあったけど終わってみるとあっという間だったなぁ」と夏休み終わりのような気持ちにもなりましたが、そう認識できたのも無事に演奏会を終えられたからこそと思います。
改めて、奏者ならびにご来場いただいた皆様には感謝しています。ありがとうございました。

PS.曲もシナリオも素晴らしいので全人類サマポケをプレイして(はぁと)


以上、インタビューでしたー!!二人とも本番で指揮を振るのは初めてのこと。それで今回のクオリティですので、今後が楽しみですね!!!

次回は第16期第1回練習レポートになります。
15期のブログ担当はこれで最後となります。1年間ありがとうございました。

※1: 「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」クラシック音楽公演運営推進協議会
※2: 「東京都交響楽団(都響)演奏会再開への工程表と指針」東京都交響楽団
オータムリーフ管弦楽団 * 練習レポート * 19:21 * comments(0) * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ