<< 2016/6/26 練習レポート | main | 2016/8/28 練習レポート >>

2016/7/31 練習レポート

どうもみなさんこんばんは、スタッフのネバラーです。

先ほど、この記事を投稿直前まで書き上げたところで、PCがフリーズして内容が消えてしまいました。悲しいなぁ…。
またこれを書いてる時にフリーズなんてことはない…よね……?

さて、もうtwitterのほうで各曲の解説がされていますが、youtubeに3月の演奏会の動画がUPされております。
「演奏会行けなかった!」という方も、「もう一度聞きたい!」という方も、ぜひご視聴ください。
何度か聞くことで、一度聞いただけではわからない新たな発見もあるかもしれません。


それではそろそろ本題へ。
今回の練習レポートは、7月31日練習分のレポートになります。
担当はトロンボーンパートの海原圭英です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


超久しぶりに練習レポートしたためます。
Trbパート、K-Aこと海原圭英です。

前回の練習は7月31日日曜日。場所は東大島文化センターでございました。当団は西東京市での練習開催が多いのですが、最近は別の会場での練習もチラホラとございます。

先日の練習では、“あの大曲”に取り組みました!
とある昔、現代音楽的表現で僕らを悩ませた稀代の難曲に再び取り組みます。

当然、当団の楽曲は、元ネタがゲーム音楽であるからして、編曲者陣がオーケストラ演奏用に編曲をいたします。
ただ、編曲者各位も人の子、数年前に編曲した曲に再び対峙するにあたってはアレやコレやと中身をいじくりたくなる物。前回の演奏とは奏者陣も入れ替わり、楽譜にも変更が加わり、同じ曲目でも、来年の演奏会ではまた新しいオータムリーフ管弦楽団の表現をお楽しみいただけるかと存じます。

- - -

あ、そういえば、その、私事ですが、2ヶ月くらい前に、彼女が出来まして。

っていうと、ウチの団のメンバーからは「K-Aさん!ついに2次元と3次元の区別が付かなくなったんですか!!!???」って言われるんですけど、オイ、余計なお世話だ、このやろう。
トロンボーンというとオーケストラのご多分に漏れず、当団でも合奏中にしばらく出番が無い時間があったりします。なので、待ちに待ってやっと訪れた出番に、つい「よっこらSE○」と呟いてしまう事も日常的にあるのですが、この日に限って、僕がソレを呟くとみんなピタッと黙ってしまって。ポツリと誰かから

「K-Aさん、今はサルになってるから、しょうがないよね」

みたいな言われ方されちゃってさ。
いや、俺はさ、今までも、ずっとずっと「よっこらS○X」って言ってきたじゃん!
俺は、彼女出来ても、変わってないよ!みんなが俺を見る目が変わったんだ!!
どうしちゃったんだよ!みんな!!戻ってきてよ!!!

- - -

練習後は例のごとく、飲み会に繰り出しました。
この日の練習はご見学者様がいらっしゃり、ありがたいことにご入団いただけて、そのまま飲み会にもご参加いただいております。
当団は新人さんが飲み会にいらっしゃると、名前/パートに加え、自分の属性をさらけ出す自己紹介コーナーが発生します。当方も昔は葱桶3大触手と呼ばれる大家だったのですが、時が経ち、今やずいぶんナリを潜めましたねぇ(しみじみ

当団のコンマスは抱き枕カバーコレクターとして大変名高く、そのコレクション総数はなんと400枚以上。自己紹介タイムで雄弁に語るコンマスに対し、
「そ、そんなに買ってどうするんですか?」
という新入団員さんの当然の疑問が。
「抱き枕は、頑張れば一晩に3人は抱ける!!!」
と胸を張って答え、豪語する若きコンマスに、今後の団の希望を垣間見た気がしました。

本番まではまだしばらくありますが、曲もテンションも粛々と仕上げていきたいと思います。まる。
オータムリーフ管弦楽団 * 練習レポート * 00:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ